Q: どのような症状の方が多いですか?

脳梗塞後遺症の方が最も多いです。他にはパーキンソン病、大腿骨骨折後遺症、腰椎圧迫骨折後遺症、変形性膝関節症、関節リウマチ、がんによる痛みと浮腫などの方がおられます。

Q: 介護保険のサービスを受けていますが、訪問マッサージを受けれますか?

介護保険ではなく医療保険を使って行うものなので、介護保険の枠を気にすることなく受けられます。

Q: 同意書は整形外科の先生に書いてもらうのですか?

ドクターであれば何科の先生でも構いません。ご利用者様がかかっておられる、かかりつけの先生に同意書の記入をお願いします。但し、歯科の先生は対象外です。

Q: ドクターは同意書を問題なく書いてくれるのですか?

ドクターによって様々です。

協力的に快く書いて下さる先生もいれば、稀に「ウチでは書けないから」と特に理由もなく、頑なに断られる場合もあります。高齢の方は1つの科だけでなく複数の科にかかられていることが多いので、例えば整形外科がダメなら内科、内科もダメなら眼科という感じで、書いていただける先生に辿り着くことが多いです。

Q: 同意書は利用者様本人がもらいにいくのですか?

基本的にはご利用者様かご家族の方にもらいに行っていただいています。しかし、ただでさえ足腰が不自由なご利用者様に無理にもらいに行ってもらうのもおかしな話ですので、定期的な診察で通院する際についでにもらうことが多いです。また、診察の日まで待てない。早くマッサージを受けたい。という場合には私がもらいに行ったり、ケアマネさんがもらいに行ってくれたこともありました。

Q: ご利用者様が負担する金額はいくらぐらいですか?

往診距離や施術内容にもよりますが、1割負担の方でほとんどの方が1回¥300~¥500の範囲です。

Q: 往診料(交通費)にも保険が適用されるのですか?

はい。往診料も含めて、ご利用者様が支払う金額は全部で1回¥300~¥500程度です。

※施術部位は、躯幹・右上肢・左上肢・右下肢・左下肢の5局所に分かれていて、1局所¥260(10割)です。どこの部位を施術するかはドクターがご利用者様の症状から判断し、同意書に印をつけていただきます。また、往診料は往診距離によって異なり最初の2kmまでが¥1,860(10割)、その後、2km以下ごとに¥800(10割)加算されていきます。

【例】

症状:脳梗塞後遺症による右片麻痺

健康保険:後期高齢者医療1割負担

施術部位:躯幹・右上肢・右下肢の3局所

1局所¥260なので¥260×3=¥780

往診距離:3.5km

最初の2kmが¥1,860。プラス1.5kmになるので2km以下加算分¥800を加算し、

¥1,860+¥800=¥2,660

合計:¥3,440

※1割負担なので、¥3,440×0.1=¥344

このご利用者様の1回の自己負担額は、¥344です。

※但し、往診料は6.1km~16kmは一律¥4,260。

このご利用者様の1回の自己負担額は、¥344です。

Q: 1回の施術時間は何分ぐらいですか?

ご利用者様の症状にもよりますが、約30分程です。

Q: 寝たきりやそれに近い重症の方でないと受けられませんか?

そんなことはありません。歩行器や杖を使ってなら、ひとりで外出できるけど頻繁に通院するのは難しいという方であれば、訪問鍼灸の対象になります。また、現在は調子が良くても過去に大きな病気やお怪我をされた方でも再発予防の目的で受けられている方がいらっしゃいます。要は、かかりつけの先生が往診の必要性を認めて、同意書に記入していただければ、受けることができます。

Q: 訪問鍼灸のメリットを端的に言うと?

1. 介護保険ではなく、健康保険を使う。

2. 社会資源との交流。

3. 身体機能の向上及び維持。

4. 安否確認の強化。

Please reload

Q: 服装はどうしたらいいですか?

特に指定はありませんが、ゆったりしてリラックスできる格好が良いかと思います。往診の場合ご自宅ですので、スウェットでも構いません。

Q: 寝たきりの方、高齢者の方にマッサージをして医学的に有効ですか?

厚生労働省より医療保険の対象として認められていますので有効です。介入には医師に同意書を求めるため、有効でない場合は医師が認めません。

Q: 施術代が高いのでは?

介護保険ではなく、各種健康保険で施術しますので高額にはなりません。(医師の同意書が必要)

Q: 一度やったら止められない?

同意書は3 カ月有効です。そのあと、3 か月毎に継続されます。その間でもやっぱり合わないということであれば途中でもすぐに止められます。患者様、ご家族様の御意志に合わせて施術を受けられます。

Q: 同意書を行った医師は施術結果に対して責任が問われますか?

いいえ。同意した医師は施術に対する同意を行うものであり、施術結果に対して責任は問われません。

Q: 利用することでケアマネージャー様に手続き等の負担はかかりますか?

医療保険によるご利用になります。介護保険は使用しませんので、ご負担をお掛けすることはございません。医療保険適用の為、ケアマネージャー様への手続きの御負担はございません。

たかせ治療院を利用される方は、医療保険を使用されている方がほとんどですが、私達の使命は、患者様をより良い状態に導く事です。そのためには、ケアマネージャー様との連携は欠かせないものと考えております。サービス内容を確認させて頂いたり、患者様の担当者会議にも出席させて頂いております。

Q: 訪問リハをしている方で医療の鍼灸あんまマッサージは可能なの?

はい、可能です。訪問リハが優先順位は先ですが介護保険の単位が訪問リハまで足りない方、訪問リハとは違った個所を施術してほしい方などが併用されています。

患者様の体調や筐体に会った訪問回数を設定させていただき、マッサージにより血液の循環を促すことで、結構の促進(新陳代謝の改善)や筋肉の緊張を和らげる効果があります・
痛み・むくみを和らげる事が可能です。
また手足を動かし機能訓練のお手伝いをします。

 

コミュニケーション効果としてご利用者様と積極的に会話などを行うことで精神的なケア、認知症の防止効果が期待できます。

 

病気等による場合の他に、高齢者にとっては筋肉の力が落ちたり、関節が硬く動きにくくなってきたり、血液の循環も悪くなってくることにより心身の異常をきたします。

訪問鍼灸は、低下していく筋力を維持向上させ、硬くなった関節を柔軟にし、血液循環の悪化を防止する方法としてとても有効な治療です。

また、起立、歩行、車椅子に移動するため等の訓練を行い、日常生活に必要な動作のリハビリを手助けさせていただきます。

 

 

ADL(日常生活動作)の維持

ADL(Activities of Daily Living)とは、日常生活に関する食事や移動、入浴等の行動のことで、一般的には「日常生活動作」と言われます。たかせ治療院では、ADLをリハビリや介護において、自立するする指標とし、皆様のサポートを行うことを目指しています。

Please reload

ご利用者さまのメリット

© 2016 Takasel chiryoin.All Rights Reserved.